基本メニュー

「聴く」座学

スライド学習

阪神・淡路大震災で神戸はどんな被害を受けたのか、避難所や仮設住宅でどんな助け合いがあったのか、そして、今後どのような備えをして被害を少なくするのかを、スライドや映像を交えて学びます。(45分~60分)

再現実験

地震で起こる液状化現象や建物を強くする耐震補強の実験を模型を使ってわかりやすく再現します。(10分)

「視る」まち歩き

震災遺構まちあるき

神戸港震災メモリアルパークや破壊された橋脚など地震のエネルギーを物語る遺構や、商店街に残されているメッセージレンガなど、復興を願った人々の想いを物語るモニュメントを見ながら、現在の神戸のまち(主にメリケンパークから東遊園地(神戸市役所横)までの範囲内)を歩きます。旧居留地や南京町などを含めた観光まち歩きも可能です。(60分~90分)

「備える」疑似体験

災害対応“クロスロードゲーム”

YES/NOの選択から、震災を疑似体験します。
災害が発生したときはジレンマを伴う決断の連続です。自分ならどういう選択をするかをカードゲームで考えます。1つの正しい答えがあるわけではなく、他の人が「なぜ、そう考えたのか?」に耳を傾け、自分とは異なる意見があることに気づくことができます。(60分~90分)

※座学、ワークショップはこうべまちづくり会館で行います。

※記載されたメニューの他に希望する内容があれば、申込時にご相談ください。

対象

*修学旅行・研修旅行生(小学生・中学生・高校生)、大学ゼミ、自治体職員研修、教職員研修、社員研修など
*神戸市内の小学生、中学生、高校生も可(お問い合わせください)

※160名を超える受入の場合はご相談ください。

基本料金

*座  学 講師1人10,000円(生徒80人につき講師1人)

 まち歩き 引率1人5,000円(生徒20人につき引率1人)

 クロスロード 講師1人10,000円(生徒80人につき講師1人)

 

*神戸市内の小学校、中学校、高校の受入は無料です。

出前学習

宿泊先、学校、研修施設への出前学習も承ります。

講師派遣料20,000円(税抜)と交通費(実費)を頂戴します。

 

※遠方の場合は宿泊費も頂戴します。

申込みから受入までの流れ

空き状況の確認

申込み用紙の提出

プログラムの打合せ

防災学習の実施

電話で空き状況をご確認ください。(こうべまちづくり会館  078-361-4523)

 

 

防災学習申込み用紙に必要事項を記入し、FAXもしくはEメールにてお送りください。

 

 

申込み用紙の内容にもとづき、プログラム案を提示いたします。

プログラム案をもとに電話等で打合せを行い、プログラムを決定します。
 
到着までの連絡体制を確認し、防災学習を実施します。


Copyright© (一財)神戸すまいまちづくり公社 住環境再生部 支援課 まちづくり会館

※ホームページを快適に閲覧するために次の推奨ブラウザをご利用下さい。                                            【Win】Internet Explorer 10以上/Firefox 30以上/Google Chrome 30以上【Mac】Safari 6以上/Google Chrome 30以上